「半神」
小学館文庫 萩尾望都
原作「半神」がおさめられています。 短いのでとても読み易いです! 
「ウは宇宙船のウ」
小学館文庫 萩尾望都
アメリカの小説家レイ・ブラッドベリの深海の闇にまどろむ恐竜を100万年の時を越えてよびさます「霧笛」は観劇の参考になります!短文です!  

ABOUT THE STAGE

数々の名作を世に送り出してきた漫画家・萩尾望都「半神」は、1984年1月号の「プチフラワー」(小学館刊)に掲載された異色の傑作短編漫画です。この短編漫画をもとに、萩尾望都と、劇団夢の遊眠社時代の野田秀樹共同で舞台脚本化し、誕生したのが戯曲『半神』です。結合双生児の姉妹を主人公にした衝撃的な内容は1986年に劇団夢の遊眠社で初演されて喝采を浴び、88・90年にも上演、さらに99年には演出に大幅に手を加えNODA・MAPで再演されて注目を集めました。

演出を手掛けるのは、劇団「柿喰う客」代表・中屋敷法仁。2006年の旗揚げ以降、劇団の全作品の作・演出を手掛けるほか、さらに、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」や舞台「黒子のバスケ」、舞台「文豪ストレイドッグス」シリーズなどの著名2.5次元舞台まで、数々の作品に脚本家・演出家として関わり頭角を現す注目の次世代クリエイターです。少女漫画界を牽引し続ける萩尾望都と演劇界の巨星・野田秀樹が創作した舞台『半神』を、初演から30年以上経て、次代を担う才能新たな解釈と演出で、今を生きる若いキャストたちと共に現代の“人間”そのものを描きます。

二人を救う方法はただ一つ、二人を切り離すこと…結合双生児役に、桜井玲香(乃木坂46)と藤間爽子が挑む!

桜井玲香・藤間爽子
本作の主人公となる結合双生児姉妹役には、乃木坂46桜井玲香と、日本舞踊家にして女優としてもTVドラマデビューを果たした藤間爽子が抜擢。
桜井玲香は乃木坂46でキャプテンを務めるグループの顔。テレビ・映画・舞台といった分野で数々の作品に女優としても活躍している注目株です。16年に上演された舞台「嫌われ松子の一生」では主人公の松子役を演じ、高い評価を得ました
藤間爽子は、幼少より祖母・初世家元藤間紫、及び二代目藤間紫(祖父の二代目市川猿翁)に師事する若手日本舞踊家のサラブレッド。昨年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」では、白石加代子演じるアパートの大家さんの若かりし芸者時代を演じ、女優としてもデビューを果たした若き逸材です。 現代舞台作品への出演は本作が初めてながら、生まれながらのステージセンスで結合双生児姉妹役に挑みます。

悲運の双子を取り巻く、多彩で演技派の舞台俳優陣!

共演には、ミュージカル『テニスの王子様』で舞台デビュー、以降『弱虫ペダル』シリーズ、『メサイア』シリーズ、『黒子のバスケ』、ミュージカル『刀剣乱舞』などの2.5次元舞台をはじめ、『ジャージー・ボーイズ』や『手紙』、『アメリ』などの本格ミュージカルにも出演するなど、舞台を中心に、映画やテレビドラマでも活躍する若手実力派、太田基裕。自身の主宰する『転球劇場』での公演や、歌喜劇ユニット『マサ子の間男』の立ち上げなど、多数の作品を手掛け、2016年には『歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋』の脚本を執筆、役者としても、昨年出演した、劇団☆新感線『髑髏城の七人』《鳥》兵庫役での好演も記憶に新しい福田転球。さらには、『カムカムミニキーナ』の主宰として、1990年劇団旗揚げ時から現在までの全66作品の作・演出を手掛け、役者としても『阿佐ヶ谷スパイダース』や『ラッパ屋』などの外部公演にも多数出演し圧倒的な存在感を放つ松村武ら、多彩で個性豊かな俳優陣が結集いたしました。

体がつながった双子の姉妹 醜いシュラと美しいマリア姉のシュラは、妹であるマリアを支えつつ生きてきたしかし、十歳を目前にしてその身体は、負担に耐えきれず…二人を救う方法はただ一つ、二人を切り離すこと

痩せこけて醜い容姿ながら高い知能を持つ姉のシュラ(桜井玲香)と、誰からも愛される美しい容姿だが知能が低く話すこともできない妹のマリア(藤間爽子)。だが、2人の身体はつながっている結合双生児の姉妹だった。姉のシュラは、いつまでも愛らしく無邪気で周りの人々の寵愛を一身に集める妹のことを疎ましく思いながらも、マリアを支えつつ2人で生きていた。
しかし、10歳を目前にして2人の身体はその負担に耐え切れず衰弱してしまう。救う方法はただ一つ、2人を切り離すこと。果たして、2人のゆく先は……?